キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 古き良き環境を生かしつつ大満足できる買い物。 : 不動産系の活用法

古き良き環境を生かしつつ大満足できる買い物。

中古一戸建て物件とか中古マンションは、立地が良くて面積も広くて割安感があるといった理由から、最近では全国的に人気が高まっているようです。

私はいま、単身赴任で宮城に来ていますが、その前の赴任先であった東京では、中古一戸建てや中古マンションであるにも関わらず、20代-30代の若い人が、たくさん内覧会にやってきていました。

リノベーションという改装手法にスポットが当たっていた時期でもあって、スケルトン状態になった中古一戸建てやマンションの内覧会では、目を輝かせた人が真剣に担当者の話に聞き入っていたのを思い出します。

スケルトンで何の飾り気もなくなった住戸内を観て、何がそんなに楽しいのかというと、「自分たちが持ってきた雑誌の切り抜きやスケッチをもとに、これから内装業者と打ち合わせをするから」と言うのです。

つまりその中古一戸建ての購入者は、プロに内装を依頼するのではなく、自分たちが直接打ち合わせをして、新しい空間を仕上げていくというわけです。

中古一戸建てのいいところは、立地環境の良さや町の暮らし向き、風情を、そのまま切り取ったように自分たちのものにして生活をエンジョイできること、そして、手作りのようなインテリアや間取りを、自分たちが主体になって手に入れられることにあるといいます。

宮城は、伝統文化や民族性・風習などが色濃く残ったエリアです。

古いものを壊して新しくした町並みよりも、中古一戸建てのような古い民家、古い商業施設が似合う町です。

若い人たちがリノベーションを通じて「古きを生かす良さと魅力」に触れ、新しい発想でそこに住み継いでいく流れというのは、とても素敵なことだと思います。

Google
www を検索 不動産系の活用法を検索
(C) www.gpsff.com. All Rights Reserved.